誰もが笑顔になれるをモットーに、内覧会同行・建物診断に強い一級建築士事務所

「雨漏りを防ぐために何をすればよいですか?」

雨漏りを防ぐためには、定期的なメンテナンスが重要です。普段の生活では目にしない箇所のチェックをすること、具体的には屋根裏部分での雨漏りの形跡がないか、サッシ周りの開口部の防水シーリングが切れていないかなどをチェックします。

 

定期的なメンテナンスは、10年程度を目安として行います。箇所としては、屋根、バルコニー、外壁などの雨にさらされている部分です。もちろん10年経過する前に劣化が進むこともありますので、1年に1度くらいはサッシ周りのシーリングや外壁などは意識的にチェックしたほうがよいでしょう。

 

定期的なメンテナンスが必要な理由は、2つあります。1つは、雨漏りが発生していても、実際に室内に雨漏りとして現れて気づくまではには時間がかかるためです。

 

2つめの理由は、雨漏りは未然に防ぐことが大事だからです。雨漏りが発生してから修繕工事を行うと、被害の範囲によっては修繕費用は高額になってしまいます。

 

以上の理由から、雨漏り対策には定期的なメンテナンスが欠かせないのです。

内覧会同行・住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 お申し込みフォーム

お問い合わせ・お見積り

営業時間

毎日09:00~20:00(土日祝も営業)  

住宅検査 インスペクション 内覧会同行 申込み

 

通話料無料

0800-600-0707

定休日

年末年始のみ

住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 代表 印南和行

代表の私も対応します。

リンク集

国土交通省
フラット35適合証明
既存住宅売買瑕疵保険jio
既存住宅売買瑕疵保険gmen
近畿圏不動産流通化活性化協議会理事
建物アドバイザー