誰もが笑顔になれるをモットーに、内覧会同行・建物診断に強い一級建築士事務所

築30年超の中古マンションの購入を検討しています。耐震性はどのように調べることができますか。

簡単に言うと、次の2つの方法があります。

 

1つは「住宅が建築された築年数を調べる方法」です。

 

マンションの場合、「昭和56年5月31日以前」に建築された建物は旧耐震基準、「昭和56年6月1日以降」で建築された建物を新耐震基準でつくられています。旧耐震基準の建物は、新耐震基準の建物よりも耐震性に劣るケースがほとんどです。

 

2つめは「建物自体の耐震性を調べる方法」です。

 

1つめの「旧耐震か新耐震か」というのは、ある意味、満たすべき基準がどうかという話です。実際には、建物によって耐震性が高い建物もありますし、耐震性に劣る建物もあります。

 

建物によって耐震性は異なるということは大地震が発生したときの被害の状況をみてもおわかりになると思います。築年数が古くみえても倒れていない建物もありますし、新しくても深刻な被害を受けている建物もあるのです。

 

建物の耐震性を調べるためには、耐震診断を行う必要があります。耐震診断は設計図と実際の建物を調べて計算するなどの専門的な知識がなければ行えません。そのため耐震診断はプロに依頼するのが一般的です。耐震診断の結果を見れば、その建物自体の耐震性を見極めることができます。

 

旧耐震の建物であっても、耐震診断の結果、耐震性に一定の基準を満たすことで耐震基準適合証明書などを取得し、各種税制控除などを利用できる場合もあります。

 

中古マンションの耐震性を調べるときには、上記を参考にしてみてくださいね。

内覧会同行・住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 お申し込みフォーム

お問い合わせ・お見積り

営業時間

毎日09:00~20:00(土日祝も営業)  

住宅検査 インスペクション 内覧会同行 申込み

 

通話料無料

0800-600-0707

定休日

年末年始のみ

住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 代表 印南和行

代表の私も対応します。

リンク集

国土交通省
フラット35適合証明
既存住宅売買瑕疵保険jio
既存住宅売買瑕疵保険gmen
近畿圏不動産流通化活性化協議会理事
建物アドバイザー