誰もが笑顔になれるをモットーに、内覧会同行・建物診断に強い一級建築士事務所

「税制優遇が受けられるかの判断は誰がするか」

人気の二世帯住宅、賃貸収入・節税で誤算も

(12月4日 日経新聞 マネー研究所記事より)http://style.nikkei.com/artic…/DGXMZO10065960Z21C16A1PPE001…

 

この記事の趣旨を一言でいうと、

相続税の節税効果を期待して二世帯住宅の人気が高まっているが、落とし穴があるので気をつけようということです。   

 

相続税の税制優遇を受けるための二世帯住宅にしたが実際には税制優遇の受けるための要件を満たすことができておらずに多額の相続税がかかってしまうこともあるとのこと。    

 

そもそも相続税の優遇に限らず不動産の購入、売却、リフォームなどに関してさまざまな税制優遇や補助金などが受けられる制度があります。    

 

しかしながら、これらの制度を的確に理解できている人が非常に少ないのが現状です。そのため、受けられるはずの優遇が受けられなくなりトラブルになってしまうことも発生しているようです。   では、どうすればよいか?   

 

答えは「専門家の力を活用する」です。   

 

その道のプロである専門家の力を借りることで間違いなくお得に税制優遇を受けられたり補助金を活用することができます。   

 

建物状況調査(インスペクション)においてもプロが行うからこそリスクヘッジができるケースも少なくありません。    

 

不動産取引は非常に高額なものですから生兵法は怪我の元になってしまうことも少なくありません。   

 

ぜひ専門家の力を使ってお得に不動産取引をできるようにしてください。   

 

建物の専門家の力を活用する↓

http://www.nansho.jp/

内覧会同行・住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 お申し込みフォーム

お問い合わせ・お見積り

営業時間

毎日09:00~20:00(土日祝も営業)  

住宅検査 インスペクション 内覧会同行 申込み

 

通話料無料

0800-600-0707

定休日

年末年始のみ

住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 代表 印南和行

代表の私も対応します。

リンク集

国土交通省
フラット35適合証明
既存住宅売買瑕疵保険jio
既存住宅売買瑕疵保険gmen
近畿圏不動産流通化活性化協議会理事
建物アドバイザー