誰もが笑顔になれるをモットーに、内覧会同行・建物診断に強い一級建築士事務所

「窓の結露をなくす方法」

Q.寒くなってから窓の結露が増えました。窓の結露をなくしたいのですが、そんなリフォームはできますか?

 

窓の結露を減らすことは可能です。

 

冬の朝、目が覚めて窓を見たら結露がびっしり。毎日発生する結露でサッシ枠周辺にカビが発生して困っている方は少なくありません。窓の結露を防ぐためには、窓のリフォームが有効です。

 

窓の結露の原因は、外部と室内のガラス表面の温度差です。
ガラス表面の温度差を防ぐためのリフォーム例としては
・内窓設置
・サッシの交換
・ガラスの交換
という方法があります。それぞれ簡単にご説明します。

 

○内窓の設置
既存の窓の内側に窓を新設する方法で、開口部では1番多いリフォーム工事です。採寸と取り付けの時間が短く、工事の負担が非常に少ないという特徴があります。
また躯体にさわることがないので、工事費が安くなり、断熱性能も向上する上、防音や防犯効果も増すというメリットがあります。
デメリットは、窓の開閉に2枚分を動かす手間がかかるようになってしまうことです。

 

○サッシの交換
サッシ、つまり窓枠を交換する方法です。スチール製のサッシは熱伝導率が高いため、外気の温度の影響を受けやすくなります。そこでサッシを木製や樹脂性、アルミと樹枝を組み合わせたものに変更することで断熱性能を向上させられます。

 

○ガラスの交換
ガラス自体の断熱性能を高める方法です。築年数が古くガラス自体が単板ガラスといわれる断熱性能が低いもので有る場合に、ペアガラス、真空ガラスなどに変更することで結露を生じにくくなります。メリットとしては、工事前と使い勝手が変わらないこと、サッシの交換と比較して工事が楽であることなどがあります。

 

デメリットとしては、ガラス自体の重量が増す、ガラス自体の厚みが増すため網戸が使えなくなる懸念があることです。

 

マンションの場合、サッシ枠、ガラスなどは共用部分となるため勝手に交換することができません。そのため、現実的には内窓の設置という方法が手軽にできるリフォーム工事といえるでしょう。

 

南勝の建物状況調査(インスペクション)サービス
http://www.nansho.jp

 

内覧会同行・住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 お申し込みフォーム

お問い合わせ・お見積り

営業時間

毎日09:00~20:00(土日祝も営業)  

住宅検査 インスペクション 内覧会同行 申込み

 

通話料無料

0800-600-0707

定休日

年末年始のみ

住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 代表 印南和行

代表の私も対応します。

リンク集

国土交通省
フラット35適合証明
既存住宅売買瑕疵保険jio
既存住宅売買瑕疵保険gmen
近畿圏不動産流通化活性化協議会理事
建物アドバイザー