誰もが笑顔になれるをモットーに、内覧会同行・建物診断に強い一級建築士事務所

「レーザービームで建物の傾きを調査せよ」

扉の右側上部に隙間があいている。

扉の取り付け位置を調整すればOK?

いやいや、建具だけを直すこと自体はよいのですがそれだけではダメ。

その隙間の原因を見つけることが重要。

○建具の問題なのか
○家の傾きが原因なのか

建具の取り付けだけの問題であれば
調整して直せばよいのですが・・・

地盤が沈んで不動沈下を起こしていて
建物がゆがんでいるとすれば、通常の生活を
送ることもむずかしくなります。
売却するとしても、瑕疵物件となり
価格も安くなり、売るに売れない状況になって
しまうことも考えられます。

●対策
レーザーレベルという機材を使って
建物の水平、垂直を数値で調べます。
その数値が6/1000を超えているようであれば
その原因を探すことが必要です。

部分的な傾きであれば、その部分を直せばOK。
建物全体的に同じ方向で傾いているのであれば
建物が傾いている可能性があります。

建物自体の傾きが簡単に直すことが
むずかしいので、契約前に調べておく
ことをおすすめします。

南勝HPはこちら
https://www.nansho.jp/

 

内覧会同行・住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 お申し込みフォーム

お問い合わせ・お見積り

営業時間

毎日09:00~20:00(土日祝も営業)  

住宅検査 インスペクション 内覧会同行 申込み

 

通話料無料

0800-600-0707

定休日

年末年始のみ

住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 代表 印南和行

代表の私も対応します。

リンク集

国土交通省
フラット35適合証明
既存住宅売買瑕疵保険jio
既存住宅売買瑕疵保険gmen
近畿圏不動産流通化活性化協議会理事
建物アドバイザー