誰もが笑顔になれるをモットーに、内覧会同行・建物診断に強い一級建築士事務所

「時代に流されない判断ポイント」

「太陽光関連事業者」の倒産が2016年は最多の65件発生(東京商工リサーチ 1/12(木) yahooニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl…

太陽光関連事業者の倒産が急増しているそうだ。太陽光で発電した電気を買い取る(売電:バイデン)という仕組みと国の後押しもあり、一気に拡大した太陽光発電ビジネス。しかしながら、電気の買い取り価格の引き下げもあり、想定しているほど太陽光関連の施設の需要が高まらなかったことが原因。

太陽光発電は電気代を削減する、停電などの発生した時の備えとしては非常に役立つものだけれど、純粋に「太陽光でつくった電気を販売するビジネス」としては成立しなかったということだろう。

これは2017年時点での話であって、今後太陽光パネルの性能が向上することで、もっと効率よく太陽光発電ができるようになれば風向きはかわる可能性もある。

住宅にとって重要なのは「地震に強いか」「設備は使いやすいか」「間取りはよいか」「省エネ性能は高いか」「可変性はあるか」などいろいろある。今後も日進月歩で進化していくだろうけれど、もっとも大事なのは「安心か、安全か、快適か」の3つ。
迷ったときにはこの3つの判断基準で見極めればよいと思う。

南勝HPはこちら
https://www.nansho.jp/

 

内覧会同行・住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 お申し込みフォーム

お問い合わせ・お見積り

営業時間

毎日09:00~20:00(土日祝も営業)  

住宅検査 インスペクション 内覧会同行 申込み

 

通話料無料

0800-600-0707

定休日

年末年始のみ

住宅検査・建物検査の南勝一級建築士事務所 代表 印南和行

代表の私も対応します。

リンク集

国土交通省
フラット35適合証明
既存住宅売買瑕疵保険jio
既存住宅売買瑕疵保険gmen
近畿圏不動産流通化活性化協議会理事
建物アドバイザー